青春18きっぷを楽しもう!

青春18きっぷの使い方、18きっぷの実践動画を公開!

18きっぷ乗車記

山形発→東京へ

2018/07/30

かみのやま温泉で日帰り温泉を楽しむ!

山形駅から奥羽本線・東北本線を乗り継ぎ東京を目指します。
途中、かみのやま温泉で途中下車。上山城を見学して、「ホテル月岡」の日帰り温泉を楽しみました。
チェックアウト後なのでお客はいません。貸し切り状態です。露天風呂も最高でした。

上山城の紹介

上山城-01

上山城は、最上氏の最南端の城塞であり、米沢の伊達氏や上杉氏との攻防の舞台となりました。元禄五年(1692)土岐氏の転封と共に、幕府により取り壊され、現在は堀跡や石垣が当時の名残をとどめています。 月岡・天神森にそびえる壮麗な城郭は「羽州の名城」として広く知れわたりました。上山城のすぐそばには『足湯』や『かかし茶屋(売店)』もあります。(上山市観光物産協会HPより抜粋)


かみのやま温泉を出発して米沢へ向かいます。米沢では次の福島行きまで1時間13分あったので、駅前のレストランでランチを食べました。

米沢 - 福島間は「青春18きっぷ」の難所のひとつです。1日に6往復の普通列車しかなく、昼間走るのは、今回利用した列車のみです。米沢 - 福島は山間部を走っていてまず人が住んでいません。

この区間は「つばさ」を利用してくださいとのことですね。
途中の峠駅は、スノーシェッドの中に駅あります。かつてはスイッチバックの駅でしたが、平成2年の山形新幹線開業によりスイッチバックは廃止されました。

峠駅-01

1日に6往復の普通列車しか停車しなくなった峠駅ですが、「峠の力餅」の売り子さんは今でも現役で販売しています。

福島駅-01

福島からは東北本線で上野を目指します。
まずは郡山行きに乗車。東北本線でワンマンカーとは驚きました。
郡山から黒磯も2両編成で満員状態、黒磯からはグリーン車を利用しました。

米沢から上野まで普通列車で約6時間です。奥羽本線経由東京行きは「上野発→山形県山寺へ」でも紹介していますので、そちらもご覧いただけたらと思います。

行程表

山形発         08:15

かみのやま温泉着    08:29

(日帰り温泉・月岡城・上山神社)

かみのやま温泉発    11:20

米沢着         11:55

米沢発         13:08

福島着         13:54

福島発         14:20

郡山着         15:07

郡山発         15:30

黒磯着         16:32

黒磯発         16:39
↓   快速ラビット
上野着         19:10

列車時刻は実践時のものです。実践される方は最新の時刻表を確認してください。


-18きっぷ乗車記