青春18きっぷを楽しもう!

青春18きっぷの使い方、18きっぷの実践動画を公開!

青春だけど年齢制限なし

青春18きっぷで東京から函館へ

1日2,370円でどこまでも行ける!

「青春」だけど年齢制限なし!日本全国のJR線が乗り降り自由なきっぷです。年齢制限ないので、こどもも同額です。

JR全線の快速・普通列車の普通車自由席およびBRT(バス高速輸送システム)とJR西日本宮島フェリーが乗り降り自由になるきっぷ。
1枚で5回(人)利用できます。

その日に1枚のきっぷを複数人で使うことも可能。5人で日帰り旅行もできますし、3人で利用して、余った2回分を後日ひとりで使う、といったこともできます。

発売期間と使用期間

「青春18きっぷ」は毎年春、夏、冬に発売されます。

また、発売期間と利用期間が少しずれているため、利用するには注意が必要です。

利用開始約10日前から発売され、終了日の10日前まで発売されるのが通例です。
「青春18きっぷ」の発売日は、その年の2月頃に発表されています。

発売期間

  • 春季:2月20日~3月31日
  • 夏季:7月1日~8月31日
  • 冬季:12月1日~12月31日

利用期間

  • 春季:3月1日~4月10日
  • 夏季:7月20日~9月10日
  • 冬季:12月10日~1月10日

ねだんは「11,850円」、1日あたり「2,370円」で利用できます。

発売場所

  • みどりの窓口
  • びゅープラザ
  • 各旅行会社
  • 指定席券売機
  • ※金券ショップ

列車内で購入することはできないので、利用日前に上記窓口で購入が必要です。

「金券ショップ」や「ヤフオク!」などで買うこともできます。残りの利用可能日数と販売価格を考慮の上、購入してください。

払い戻し

払い戻しは、利用期間内で未使用の場合に限り「みどりの窓口等」で行えます(220円の払戻し手数料が必要)。

利用期間が終了した後は、5回とも未使用でも払い戻しは受けられません。
列車の運休・遅延等による場合など、いかなる理由でも一度使用開始した回(日)の取消はできず、払い戻しおよび利用期間の延長もできないので注意してください。

利用期間が終了したきっぷは5回使用していなくても無効となり、次の利用期間にまたがって使用することはできません。

使いこなすには?

まず時刻表が読めることが前提となります。
それから旅の目的を明確にすることが大切です。観光をする・日帰り温泉を楽しむ・土地の料理を食べるなど目的がはっきりしていると、行程が立てやすくなります。

行程表はパソコンのメモ帳などで制作して、プリントして持ち歩くことおすすめします。紙ですとバックやポケットに入れておいて、すぐに次の乗換を確認することができます。
控えとしてスマホへデータを送信して保存しておくと安心です。

スマホアプリの乗換案内やJR公式の列車時刻表をブックマークしておくと、いざという時に役に立ちます。

列車は天災や事故で、いつ運行停止になるかわかりません。青春18きっぷでは役に立たないことが起こるかもしれません。いざという時のためにある程度の現金は用意しておきましょう。

青春18きっぷを楽しむ

一般的に考えて、普通列車だけで長距離を移動しようとは考える人はいません。
でも、青春18キッパーは、2,370円で東京-九州間が可能というのが最大の魅力だと感じていると思います。

例えば東京-新大阪間の運賃は、8,750円します。乗換を考えたら、高速バスや新幹線を利用しますよね。普段ではできないことを、させてくれるのがこのきっぷだと思います。

普通列車しか利用できない青春18きっぷですが、年間70万枚以上発売されているそうです。非日常を楽しむ方が増えたのかもしれません。

出発地を変える

青春18きっぷに慣れてきたら夜行バスやLCCを利用して、旅の出発地を変えるのもいいと思います。

例えば、関東在住の方でしたら、夜行バスを利用して関西圏まで行き、朝から18きっぷで旅を開始するという考えです。
東京駅からですと「ムーンライトながら」を利用する方が多いですが、東京-小田原間の運賃1,490円を払うか18きっぷ1回分を使うか考えどころです。

関東-関西圏で多くの夜行バスが低料金で走っています。18きっぷと合わせて利用するといいかもしれません。

出発地をLCCを使って、九州・四国・北海道に変更なんて意外とありだと思います。
私は18きっぷで、東京-函館を旅しましたが、帰りは函館空港からLCCを利用して帰ってきました。成田空港まで、6,660円でした。新幹線より早くて安いってことはスゴいことですよね。

どこまで乗ればトクなのか?

青春18きっぷの一回分が、2,370円です。本州JR3社幹線なら141Km(2,590円)乗車すれば元が取れることになります。

東海道本線でいえば東京駅起点で「吉原駅」、吉原駅は身延線の発着駅である富士駅のひとつ手前です。東北本線では「矢板駅」になります。矢板駅駅は、宇都宮-那須塩原間にあります。

日帰りならば半分の71Km(1,320円)以上乗車すれば、往復で2,370円を上回るので、元をとることになります。

片道100Km程度なら問題なく乗車できると思うので、いろいろとプランをたてて青春18きっぷをお楽しみください。


2018/11/09